ゆかたんのMelodies of Life

人は音楽なしでは生きていけません。その時好む音楽で精神状態が分かるという研究もあるとかないとか… 生きる=音楽=稼ぐ=社会奉仕 な私がウニャウニャしながら生きていく、鬱にも苦痛にも負けない子猫たちの集まる空き地がこのサイトです。

顔で選んだダンナはモラハラの塊でした (コミックエッセイ) Kindle版

 

 私、男性ですけどこういう漫画好きなんです。

何故かというと女性目線て勉強になるんです。

管理職やってますと当然、オフィスには女性もいるわけで話を聞いたりアドバイスしたりされたり。

根本的な脳の構造を知らないとやっぱりすれ違いも起こるわけです。

事、恋愛となるともう訳がわかりません。

タイトルに惹かれて読んでみました。

 

感想は、とても面白かったです。絵も可愛いし、何より凄く女性目線だなと感じました。ただ、言うほどモラハラでもないかなというソフトな内容だなとも思いました。

 

下記、多少内容にもツッコミますので注意です。

⭐︎

⭐︎

⭐︎

⭐︎

⭐︎

⭐︎

⭐︎

⭐︎

⭐︎

①多分、男性ってそんなもんですよ。

これ、根本的なところですね。辛い時に思いやれるかどうかで女性の感じ方も違うのでしょうが、多かれ少なかれ男性は暴力的です。そうでなけらばバトル漫画とか流行らないでしょうし、強い男に…とか女性側が魅力に感じる部分も減ると思うんです。オネエな方もケンカになったら暴力的になりますからね。

根本的な筋肉とか身体の作りの違いで大きい音がしたり、物が壊れてしまったり、認識の差が出てしまうのではないでしょうか。

私のお婆ちゃんもイライラすると新聞紙を破いていたそうです。

バン! ではなくビリビリビリ〜… て可愛らしいですね。慣れだと思います。

 

②ソフトになってるんだとは思いますが体調不良でも夜の強要はひどい。けど浮気しないだけマシ。

登場人物の旦那さんが過保護でお金がなくてなのかなと思いますが、知り合いはお姉ちゃんの店から帰ってこなかったりお金を使い込んだり…  なまじモテて苦労していない分、そういう外に向かう心がなかったというのは点数アップかなとは思います。

 

③多分、家では皆がダラダラ

私も当てはまりますが、会社で頑張る分、家では相当ものぐさです。

作者の方が夢見過ぎな分、ギャップがあるように見えたのだと思います。

 

④育児押し付けは同情の余地があるが過保護で育てばこんなもん。

知らないというのは罪だと思います。兄弟がいる長男とかならそこそこ育児に手を出せると思います。あまりに出来すぎて嫁をバカにすることもありえるので、旦那が何も出来ないから親権貰えて、それでハッピーエンドで終われた部分もあると思います。

 

⑤お金の要求がかなりソフト

これ、酷いやつなら財布から抜き取るわ強奪するわ、キャッシングに手を出すわで終始つかないと思います。

あと、私なら投資をやってるので逆に節約をかなり強要すると思いますし、家計は任せません。定期的な家族サービスはしますが多分、これに不満を持つ女性は多いと思います。自分がお金を掛けずにそこそこ、優秀〔自分で言うな! とたいしたことないよ、お前… でも幸せだからいいの!!!〕なので塾とか習い事とか凄く厳しい判定をすると思います。大体、ほとんど皆、塾とか言ってるくせに大して成績良くないですよね。この辺りの必要無駄の判断はモラハラと言われてしまうと思います。

 

・結論

平和な人達が酷いよね〜とくっちゃべる分には良い素材だし、ほのぼのしてるので、こういうことで女性は怒るのかぁと勉強になると思います。女性は、何だか平和だなぁとほのぼのすると思います。ハッピーエンドですしね。ただ、そんなに悪い男だとは思いませんでした。

スナック感覚でつまみ食いするには美味しいマンガでした。

 

自分もモラハラ男とか言われないように気を付けたいと思いま〜す。

いや、充分、要素あるよ、、お前。

 

 

 

 

 

このサイトについて プライバシーポリシー
Copyright ©2019-2020 ゆかたん